老眼の症状を見逃さない【眼科で診断をしてもらう】

加齢と共に始まる

メガネ

誰でも経験する目の老化

老眼の症状は、小さい字が読みにくい、距離が変わるとピントを合わせるのが時間がかかるなどがあげられます。眼の中には、水晶体というものがあります。レンズのような働きをするもので、毛様体小帯という線維が水晶体の厚みを変化させピントを合わせています。しかし、加齢とともに水晶体がかたくなって厚みの変化ができにくくなってきます。これが老眼の症状です。老眼は、加齢による生理現象で40歳ころから自覚するようになり40代の後半になると老眼鏡が必要になってきます。老眼になりにくい人、なり易い人というのは特になく、症状を早くに気づくか気づかないかの差になります。老眼は、加齢によるものなので治す事はできなくてメガネでの矯正が普通になります。加齢による生理現象の老眼ですが、矯正をしないで我慢をしていると眼精疲労などの影響で頭痛、肩こり、食欲不振などの症状がでることがあるので軽く考えないようにしましょう。老眼だと感じたら眼科で診断をしてもらうことが良いでしょう。まれに違う病気が隠れていることもあるので診断は大事です。眼科で老眼の診断がでたら処方箋をもってメガネ店にいくことがお薦めです。自己判断で作るのは、目の負担になるので気をつけましょう。また、読書や細かい仕事などで目を使う場合では、部屋の照明なども工夫をすることで疲労の予防にもなります。また、年齢を重ねていくと老眼の症状も進みますのでメガネの度数も変えていく必要もあります。

目の老化を防ぐ

目

老眼の症状の進行は避けられるものではありませんが、進行を遅らせることは可能です。その方法としてはアントシアニンを豊富に含んだ食材を摂取することや水素水を飲むことが挙げられます。この他、瞼の上から目を優しくマッサージしたり、サングラスで紫外線から目を守るという方法もあります。

詳しく見る

目の老化について知る

中年女性

老眼の症状は高齢者特有のものではなく、若年者にも起こりうるものでもあります。というのも、パソコンやスマートホンを長時間使用し、長い間、目をブルーライトに晒されるだけでもなるからです。長時間の外出もまた紫外線によって老眼が始まる可能性もあります。しかし、UVカットのサングラス等で老眼予防もできます。

詳しく見る

目の老化を防ぐ方法

中年

老眼は誰もに起こり得る老化による生理現象の一つなので、上手く症状と付き合っていく必要がある。しかし目の体操や、目に良い食材の摂取でその進行をいくらせる事が出来るかもしれない。日常生活に目に良いとされる事を取り入れて、目の健康を守りましょう。

詳しく見る

健康な目の為に

女性たち

老眼の辛い症状から少しでも解放されるためには、必要な栄養素があると説明しました。何か足りてない食物が思い当たるなら早速食べてみましょう。アレルギー等の問題があるのであればサプリメントも有効です。あきらめる前にまずは栄養を考えてみましょう。

詳しく見る

誰にでも起こる目の老化

眼球

老眼は放っておくと症状が悪化し、身体に不調を招きます。目に疲れを溜めないよう普段の生活で意識することが大切です。スマートフォンやパソコンは生活においてなくてはならないものですが、目の健康を考え上手な使い方をしましょう。

詳しく見る