老眼の症状を見逃さない【眼科で診断をしてもらう】

目の老化を防ぐ方法

中年

若々しく保つ術

老眼は一般的に40代から始まると言われています。初期症状は目のかすみや目の疲れが挙げられます。老眼は病気ではなく、年齢を重ねるにつれ出てくる生理現象の一つなのであり、誰にでも起こりうる事なので上手く付き合っていく必要があります。 ですが、目に不安を抱えると日常生活にも支障が出てきます。症状の進行を緩やかにするような方法はあるのでしょうか。 目のレンズの役割を果たす水晶体、それを取り巻く毛様体筋の働きが悪くなり、ピントを合わせられなくなる事を老眼と呼びます。ですのでその毛様体筋を鍛える事で症状の進行を遅らせることができます。例えばペンを目の前に持ち、ペンと遠くの景色を交互に見るという、目の体操があります。また眼球をグルッと回す目の運動をしてみてもいいでしょう。 その他にも目に良いサプリメントや食材を摂ることが効果的です。ピント調節の改善を期待できる成分がアスタキサンチンです。鮭やイクラに含まれており、抗酸化作用の強いものです。また人参やカボチャ、ほうれん草に含まれるルテインは、もともと水晶体にある物資で、これも抗酸化作用があるので有効です。 また今はどの年代の人々もスマホやパソコン、パソコンを当たり前に使う時代です。ブルーライトは目には優しくないと言われていますので、スマホなどの使用時間を減らすのも、目の健康を守る方法だと言えます。 老眼は早ければ30代からなる人もいれば、60代になっても症状のない人など、その進行は様々です。出来るだけ症状が出にくいような努力をして、目を若々しく保ちたいですね。